総量規制対象外でも全てじゃないらしいですね。

総量規制対象外ってだいぶ聴き慣れてきた言葉ではないでしょうか?
2010年に新しくなった貸金業法の規定で、個人に対しては年収の3分の1までしか融資ができないという決まりです。

ちょっと昔にはこのような決まりはなかったので、業者が貸せるだけ貸し出しを続けた結果、多くの多重債務者が出てしまい、その結果、自殺者や蒸発して行方不明になる人などが続出するという、大きな社会問題になりました。

このようなことがあったため、多重債務者をだしてはいけないということで、施行された法律が総量規制対象外というもの。
でもこの法律も決して利用者保護という点でいえば、完璧なものではなはなく、一部のカードローンはこの法律の対象外になるからです。
しかも、この法律が適用されるのは消費者金融業界だけというややこしいもので、適用されている銀行のカードローンは対象外なのです。
さらに紛らわしい問題がもう一つあって以前は消費者金融であったのに、その後銀行に経営権を譲渡したあのコマーシャルでお馴染みのレイクなどがあるみたいです。
もしも利用者がいるとすればここまで調べてるのかが疑問ですね。